アニメーションについて

アニメーションについて

HOME 半分の月がのぼる空 忍たま乱太郎 みんなアニメが好きだった 運営者 ブログ



アニメーションとは、複数の静止画像によって、動きを作り出す技術です。

静止画像を連続して表示し続けることで、ものが動いているように見える「仮現運動」という現象を利用した映像手法です。

本来は、生命のないものを「動かす」ということから、ラテン語の「霊魂」を意味するanima(アニマ)という言葉を元に、「アニメーション」という名前が生まれました。

アニメーション関係の仕事には、様々なものがあり、完全分業制がとられているのが、アニメの世界です。
そのため、アニメ関係の専門学校・美大・大学などに進むならば「アニメの仕事のうち、何がしたいのか?」を考えておく必要があります。

アニメの原画を描く人、原画を動画に仕上げる「動画マン」と呼ばれる人、仕上げを行う人、背景を担当する人、CG・3Dなどの専門家などがいます。

「制作進行」として、全体の作業工程の進捗管理をする人もいます。

またアニメ作品を「商売として」成り立たせるために、広告・宣伝などの手法を考える立場の人、売り込みの方法などを練り上げる人もいます。

最近は「声優」として活躍する人が、表舞台に出る(テレビやラジオなどに出演する)機会もあり、職業としての人気も高まっています。

作業を完全分担しながらも、皆で一つの作品を作り上げる、という世界ですので、コミュニケーション能力がたかくなければ、アニメの世界ではやっていけません。

アニメーションの仕事の中で「どの道」を選んでも、常に「人との連携・協力」を考えられるようになりましょう。





記念品 ストラップのお店
節約生活

記念品 ストラップのお店
記念品 ストラップ

節約に関する生活情報などを発信しています
節約貯金